年齢とともに落ちる記憶力の上げ方

ここからコンテンツ内です。
  1. 記憶力アップ
  2. > 2010年12月
 記憶力は伸ばせます 記憶力アップのための無料レポート配布中

記憶力をあげるレポート



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:スポンサー広告

イメージ力と目標達成の関係

イメージ力というとどのようなものを連想するでしょうか。
創作など芸術的な才能を連想する人もいるかもしれません。

しかし実際にはそのような才能の問題ではなく、
自分の持っている力を引き出すために必要となる力なのです。


イメージ力とは必要なことを相応しい形でイメージすることができる能力です。

たとえば暗記。記憶する際には単に言葉を詰め込むのではなく
イメージを膨らませたうえで脳に刻み込むと覚えやすくなります。


それから目標や計画。目標を達成するためにはどのようなことをすればよいか、
具体的なイメージとして思い浮かべることでより
現実的なプランを立てることができるでしょう。

さらに、目標を達成した時のイメージを
あらかじめ設定しておくことでより前向きに、
集中力を高めた状態で目標へと進んでいくことができます。


このように、イメージ力は脳の力を引き出し、
目標達成へと突き進めるために不可欠な能力なのです。

何か目標を立てる際にはこのイメージ力を
うまく駆使できるかどうかがポイントとなるでしょう。


イメージの力を高めるためには、
このレポートの勉強法がとても参考になります。





記憶方法アップの無料レポート






インターネットビジネス成功の秘訣セミナー
一般財団法人日本ビジネス力向上協会認定の「実践インターネットビジネス集中コース」で日本トップクラスのビジネスの個別指導を受けて6ヶ月間でインターネットビジネスをスタートさせて成功できるようになる方法を公開します。 この方法で、ビジネス初心者 だった会社員 .... 当初の目標をなんとか達成しましたが、今後のビジネスの方向性や可能性について、まだまだ自信がない状態でした。 JBDAコンサルタントからの指導を受けて感じるのは、漠然と理解していたビジネスのしくみが確実に体系化できていること、 ...

09.8.23にハーフのトライアスロンに初挑戦する予定ですが、わからないことが多々あ...
09.8.23にハーフのトライアスロンに初挑戦する予定ですが、わからないことが多々あります。 目標は3時間で完走です。今年で33歳、身長178cm体重78kg学生のときより10kg太ったややメタボな男です。 1.スイム→バイク→ランのウェアの着替えがどのように行われているのか。ちなみにスイムはウェットスーツの着用が義務付けられています。 2.そもそも何故ウェットスーツの着用が義務付けられているのか。 3.ウェットスーツはどのようなものを買うのがいいのか。(予算は3万くらいと聞いたことがあります。それが高いか安いかも分かりません。) 4.練習方法について、とりあえずスイム1.5kmはプールで28分で泳ぎます。バイク40kmはフラットなところで1時間25分で走ります。ランは学生のときに一番やっていたはずなのですが苦手で、10kmを45分で走ります。しかし、それぞれ個別では平均的な?(そもそもどれくらいが平均的か分かりません^^;)タイムを出せたとしても2つセットで(例えばスイムとバイク)をすると当然疲労がとてもあって、バイクのあとにランをすることが想像つきません。一応、今考えているのが、あと3ヶ月弱ですので、平日の5日間のうち2日で苦手なランを中心に練習し、土日は当日のようにスイム→バイク→ランを特訓したいと考えています。この練習方法で目標達成できるでしょうか。週3回では練習量が少ない気もしますが…。 5.プールと海の違いについて、プールで30分切ったとしても、海で、しかも慣れないウェットスーツで同じように泳げるとはとても思えません。しかも大混雑しているので蹴られまくってゴーグルがずれたりしたら最悪ですよね。とりあえず今考えているのが、水不足で今週からプールが閉鎖されたのでウェットスーツを着て、海に泳ぎに行こうと考えています。変でしょうか? 6.スイムはコースロープ付近は混雑しているような気がしますが、スイムを泳ぐコツなどあれば教えてください。 6.バイクはgiosのleggeroでシマノの105です。レースに出るには最低限のバイクと聞きましたが、これでもトライアスロンに参加できますか? 以上です。経験者の方、もしよろしければ回答お願いします。

“労務は面倒”それは誤解です
‎2010年12月28日‎
雇用契約を結ぶことで、会社および経営者が、自らの目標を達成するために、指揮命令する権利を買う。その対価として社員に給料を支払っているわけです。 ただし、実際に飲食店において指揮命令をするのは、会社(法人)というより、会社の意を受けた店長(人)です。 ...

スポンサーサイト
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:脳力トレーニング
  1. 記憶力アップ
  2. > 2010年12月
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。