年齢とともに落ちる記憶力の上げ方

ここからコンテンツ内です。
  1. 記憶力アップ
  2. > 脳の力で知識を吸収する方法
 記憶力は伸ばせます 記憶力アップのための無料レポート配布中

記憶力をあげるレポート



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:スポンサー広告

脳の力で知識を吸収する方法

丸暗記による詰め込み教育が問題になっていますが、
身につけた知識は応用にも不可欠となりますし、
豊かな発想や思考力を身につける土台となってくれます。

そのためにも記憶力は能力開発に重要な意味を持っています。

そんな記憶力は脳の働きによって決まります。

ですから脳の力をもっと引きだすことができれば
これまでよりも数倍の知識を吸収することも可能になるのです。


より多くの知識を吸収するにはどれだけ
記憶に残しやすい覚え方をするかがポイントになります。

文字情報をそのまま暗記しようとすると
その部分の脳しか使わないことになります。

しかしそこに音やビジュアル、匂いなどの情報を加えることでより
幅広い脳の部分を使うことができ、知識の吸収効率がアップします。

ですから、知識を吸収する場合にはひとつの知識に
さまざまな情報を付加することが重要になります。
もっとも手軽なのがビジュアルでしょう。

歴史上の出来事も写真や絵画が伴っていればその分覚えやすいもの。


このように、記憶力は脳が働く余地を増やすことが重要になるのです。




脳をフルに使って知識の吸収率を高めたいなら…





記憶方法アップの無料レポート


ここに書かれている勉強法はかなり役立ちましたね。




母親的で、懐が深く、ニートたる過去の経歴を安心して話せるコンサルタントがいる...
母親的で、懐が深く、ニートたる過去の経歴を安心して話せるコンサルタントがいる人材紹介会社を教えて下さい。以下の経歴のニートでは門前払い、冷遇されそうで怖いです。ジョブカフェはアットホームでニートである ことを告白できますが、仕事斡旋はやっていません。営利目的の民間会社のコンサルタントに母親心やヒューマニズムを期待するのは無謀ですか?特にパソナ、アデコ、大手職業紹介会社について知りたいです。 経歴:男。25歳。関西の中の上or上の下レベルの私大文学部出身。4年の時、「勉強が苦手」「相談相手ゼロ」「人目が気になる」等が重なって休学、1年間ニート。復学後、卒業して2年経つ、この間もニート。在学中も社会性がなく潜在的ニート。 資格:高2の時の英検2級だけ。 バイト歴:ピッキング1ヶ月、年賀状の区分10日。長期のバイト無。 希望職種:非対人業。非知的創造作業(学生時、文章作成、プレゼンがダメだった)。非ガテン系。できれば手先や工作機を使った職人になって平均的な給料・休日・生活を得たい。 就活歴:伝統工芸の工房への弟子入り志願と、町工場での面接の2回だけ。合同企業説明会参加1回。ジョブカフェでのセミナー受講10回ほど。 PRになりそうな事:大学入試成績上位で奨学生だった。高校(非進学校)時、成績1番。(大学での知的創造作業はダメだったが、高校での知識吸収型詰め込み教育は得意だった) 学生時代やってた事:青春18切符で一人旅(他人との共同活動無) ニートの理由:鬱病や対人恐怖症等の病気ではない。家に籠って怠惰な毎日。詰まる所、強烈な悲観による現実逃避。能力、体力、精神力に自信がない。人間関係に臆病。神経質かつ優柔不断で希望の会社、方向性を決めれない。新卒の肩書きの喪失感。格差の風潮。ビジネス特有の無機質な空間。企業の胡散臭い振舞い。周囲から聞かれる労働上の不幸(働き過ぎの低賃金労働、人間関係のストレス、リストラ、自殺等)。苦労も含め仕事を楽しんでそうな人を周囲で見たことがない。誰を信用したらいいのか分からない。それらに加え、情けない過去、容姿の劣等感、恋人ができない、遊びも中途半端、経済力や容姿でなく心や価値観を受け入れてくれる結婚相手が見つからないのではという不安、将来孤独死するのではという不安、真に幸せそうな人をあまり見たことがない、といった就職以前の問題・不安が重なる。このような諸々の負の感情を拭い切れず、なかなか前向きになれない。 多数のご意見どうか是非よろしくお願いします。





ちと休憩 某所|to_racck と 俺 仲間 ファミリー
そしたら自然と娘もおもしろい 三人で おもしろいことをする やりすぎると 妻に 三人で怒られる だから また ゲラゲラ笑う 子供は 知識とかなんでもとにかく吸収がはやい うらやましい アップ って 話がそれたから また 川をみて川と会話します ...

西方普連など派米 海兵隊と島嶼防衛演練 2月8日~3月3日
‎2011年1月16日‎
多様な事態への即応能力を高めるため、効果的な訓練施設を持っている米国に部隊を派遣、経験豊富な米軍から知識、技能を吸収するとともに、相互連携要領を実行動で演練するもので、島嶼防衛を目的とした派米訓練は17年度からで今回が6回目。 派遣部隊は西方総監の木崎 ...

  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:脳力トレーニング
  1. 記憶力アップ
  2. > 脳の力で知識を吸収する方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。