年齢とともに落ちる記憶力の上げ方

ここからコンテンツ内です。
  1. 記憶力アップ
  2. > 記憶力低下を防ぐ方法
 記憶力は伸ばせます 記憶力アップのための無料レポート配布中

記憶力をあげるレポート



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:スポンサー広告

記憶力低下を防ぐ方法

人間は年をとると記憶力が低下すると言われています。
脳の機能が衰え、情報を処理できなくなる、とも。

年齢とともに衰えていくものなのだから
仕方がないと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際は異なります。


それはさまざまな記憶術において年齢に関係なく
記憶力アップが実現されていることからも明らかです。

記憶力低下の真実はその人が脳の能力を
十分に引き出せなくなった点にあるのです。


たとえば日常生活のルーチン化。
毎日同じ環境で同じ仕事をしている。

そういった状況が続くと脳に刺激がいかなくなり、
限られた能力だけが使用されるようになり、
十分な能力を発揮できなくなります。


それから生活習慣の乱れ。

食生活の乱れや不規則な生活によって
脳の働きが阻害されてしまっている場合もあります。


「もうトシだから難しいことは覚えられない」といった
マイナス思考も記憶力低下の大きな原因。

こういったマイナス面を改めれば
再び記憶力アップを目指すことも可能でしょう。



俺はもう年だから…

と思ったあなたは、このレポートで意識を高めてください。





記憶方法アップの無料レポート



集中力の低下と独り言について 集中力の低下と独り言で悩んでいます。(長文失礼...
集中力の低下と独り言について 集中力の低下と独り言で悩んでいます。(長文失礼します。) 会社員(総務系事務)20代女です。 集中力の低下に気付き始めたのは、多分昨年末ぐらいだったと思います。 ルーチンワークの書類を提出した際、「単純ミスが多い」と返却されました。確認すると、本当にただの数え間違い程度のミスがたくさんあって、やり直しました。自分で言うのもおかしいかもしれませんが、仕事はわりと効率よくこなせるタイプだったので、「疲れてるのか?」と思ったのが最初でした。 それからというもの、数え間違い、見落としなどのケアレスミスが頻発し始めました。自覚があるので、書類は必ず5回チェックするようになりました。それでも間違うのです。 取引先に電話をしても、うまく言葉が出てこない。そのため、言うべき文章を全て書き出してから朗読しています。 PCのデスクトップ脇は、忘れてはならないことのポストイットだらけです。 そして、その頃から独り言を言うようになりました。正確には、なったそうです。 自分では言ったことに気付いておらず、まわりの指摘で発覚しました。 独り言の内容は以下のとおりです。 ○友達の証言(一例)※全て一連です 歩きながら(小声) 「死ねばいいのに!!お前なんか死ねばいいのに!!」 「うん、わかった」 「え、なんでそうなんの?」 「うそー」 ○父親の証言(一例))※全て一連です お風呂の中で(大声) 「死ね!死ね!」 「だいっきらい!!」 「いやだぁぁ!!」 猫の鳴きまね(←なぜ!?) ・・・上記を読み返しても、本当に異常で怖いです。 いつか会議中とかにやらかしてしまうのではと。。。 最近は、言い終わりかけぐらいで気づくようになりましたが、時すでに遅し。 自分が怖いです。 心療内科にも行きました。 「ストレスは溜めない方がいいよ。きっと疲れてるんだよ。半身浴とか、エステでのんびりしてみたらどう?」 など言われましたが、私はそこまでプライベートを犠牲にして働いてるわけではありません。 今の会社は昨年の春に転職したところですが、前職に比べるとぜんぜん業務内容も少なく、ほぼ定時で帰れます。物足りないくらいです。 残業や休出があったとしても、きっちり手当がでます。ボーナスだってきっちり2回、業績が良ければ3回出してくれます。このご時世、本当に感謝しています。 家に帰ればテレビを見て笑ったり、猫と戯れたり、ごろごろのんびりしています。 なのに、なぜ??自分はなぜあんな怖い独り言を叫んでしまうのでしょうか?? もしこういった症状に詳しい方がおられましたら、どんな可能性があるのかご教示いただけませんでしょうか。 よろしくお願いいたします。





加齢による記憶力低下は防げるのか?
自己の潜在能力を開発し、右脳を活性化させ記憶力アップを目指すことも可能となります。 自分はもう若くないから・・・ と思ったあなたは、この無料レポートを読んで記憶力低下を防止して下さい。 記憶力アップのための無料レポートはこちらをクリック ...

  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:脳力トレーニング
  1. 記憶力アップ
  2. > 記憶力低下を防ぐ方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。