年齢とともに落ちる記憶力の上げ方

ここからコンテンツ内です。
  1. 記憶力アップ
  2. > 右脳を重視した記憶法
 記憶力は伸ばせます 記憶力アップのための無料レポート配布中

記憶力をあげるレポート



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:スポンサー広告

右脳を重視した記憶法

記憶力をアップさせるためには右脳の活発化が重要といわれています。

左脳は言語能力や理解力を司っています。
ですから勉強や暗記作業の際にはもっぱら
左脳が使用されるケースが多いのです。

それに対して右脳は視覚認識や
イメージ力など感覚的な面を司っています。
そのため記憶する際には使われないことが多いのです。


しかし右脳は左脳に比べ処理能力に優れています。
また視覚やイメージが伴った方がより記憶の効率がアップします。
そのためいかに右脳をうまく活用することができるかがポイントとなるわけです。

そんな右脳を重視した記憶法としてはビジュアルを活用したものがあります。
文字と絵を同時にインプットさせる方法です。

カードなどを利用したものが一般的ですが、
最近ではパソコン上でできるソフトも登場しています。

パソコンなら音を加えることによって
さらに右脳の働きを活性化させることができます。

眠っている右脳の能力を引き出すためにも
右脳を重視した記憶法は大きく役だってくれることでしょう。



あなたは右脳タイプ? それとも…





記憶方法アップの無料レポート


自分にあった記憶法を身につけることが先決です。






秘伝の記憶法、無料レーポートでお試しを!
秘伝の記憶法を紹介します。
...ブログ検索

右脳と左脳の記憶 右脳は記憶するのは早いが持続させるのは難しい。 イメージが...
右脳と左脳の記憶 右脳は記憶するのは早いが持続させるのは難しい。 イメージがかすんでも気づきにくい。 左脳は記憶しにくいが持続させるのは上手い。 文字はかすんだらすぐわかる。 そうですよね?
...Yahoo知恵袋
  1. トラックバック(-)|
  2. コメント(-)
  3. カテゴリー:脳力トレーニング
  1. 記憶力アップ
  2. > 右脳を重視した記憶法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。